薫製の作り方 - サバイバルの役立つ情報

ToCo
トップページ  >  保存食  >  薫製の作り方

薫製の作り方

大きな魚は、ワタを取り塩をして30分はおく。

その後塩を丁寧に洗う。

丁寧に洗わなければ、かなりしょっぱい薫製が出来上がるので注意が必要。

その後、3日3晩焚き木の煙にあてる。

これで薫製が出来上がる。

小魚の場合は、スギの葉でいぶす。

流木などで三脚を作り、その上にスギの葉をかける。


火を決して近づけすぎないで、スギの葉が燃えずに煙だけ出るようにする。

その煙の中に、ワタを抜き下ごしらえをした小魚を入れる。

スギの葉以外でも試してみると面白い。

自分にあった保存食が作れる。





関連情報